Dr.Sato 佐藤登 Official Site

技術で未来を創る。

講演・寄稿のご依頼、お問い合わせはメールにてご連絡ください。
HOME > メディア・新聞記事 > 日経ビジネスオンライン

日経ビジネスオンライン

2018/06/15

連載履歴

日経ビジネスオンライン連載「技術経営 – 日本の強み・韓国の強み」 アクセスランキング
1.「就活時点で日本は負けている」(2013 4.19)----------------------------------12位
2.「新人研修は育てる場か競わせる場か」(2013 5.2)------------------------------12位
3.「新入社員がいきなり課長級のサムスン」(2013 5.16)----------------------------3位
4.「『技術に上下関係なし』を信じて痛い目に」(2013 5.30)------------------------5位
5.「部下に絶対服従を強いるサムスン」(2013 6.13)--------------------------------7位
6.「ホンダの自前主義は人を育てる」(2013 7.4)----------------------------------10位
7.「人事異動を本人に任せるホンダ、昇進が最大目標のサムスン」(2013 7.18)-------11位
8.「企業戦略に振り回される技術者」(2013 8.8)-----------------------------------5位
9.「サムスン移籍の理想と現実」(2013 8.22)-------------------------------------1位
10.「部長級でも責任を取らされるサムスン」(2013 9.5)-----------------------------1位
11.「韓国人社員との付き合い方」(2013 9.19)-------------------------------------7位
12.「シェア1位を奪われた原因はコストではなく慢心」(2013 10.3)--------------------3位
13.「車載用電池、日本勢の強さの秘密」(2013 10.17)-------------------------------3位
14.「倍返しなるか、日本の電池産業」(2013 10.31)---------------------------------4位
15.「グローバル化で遅れる日本、6つの課題」(2013 11.14)---------------------------1位
16.「M&Aの光と影、サムスンの事例から学ぶ」(2013 11.28)---------------------------6位
17.「特許マネジメントが下手な日本」(2013 12.12)---------------------------------8位
18.「居場所を失った技術者の生き方」(2013 12.26)---------------------------------8位
19.「サムスンのプロジェクト失敗に学ぶこと」(2014 1.16)------------------------6位
20.「日本とは違う、サムスン流『人付き合い』」(2014 1.30)----------------------11位
21.「部下の育成より自分の昇進優先なサムスン」(2014 2.13)----------------------13位
22.「白熱する電動車両開発、日本は勝てるか」(2014 3.13)----------------------5位
23.「東芝事件に考える、技術流出は防げるのか」(2014 3.18)--------------------6位
24.「深刻な中国大気汚染、電動車両は救世主になるのか」(2014 4.10)-------------11位
25.「日本の技術力は本当に高いのか」(2014 5.22)----------------------------9位
26.「学会で発表するホンダ、メモを取るサムスン」(2014 6.26)---------------4位
27.「サムスンの人事と成果のあいまいな連動性」(2014 7.3)------------------8位
28.「企業と流動する人材との関係」(2014 7.24) ------------------------ -
29.「サムスン電池事業の真剣度」(2014 8.7) --------------------------12位
30.「環境自動車で日本がリードし続けるための条件」(2014 8.28) -----------7位
31.「サムスンの失速に見る日本の戦略」(2014 9.11) ----------------------2位
32.「大手術のサムスン、対症療法のソニー」(2014 9.25) ------------------8位
33.「中村修二氏との談話を通じて考えた日本の競争力」(2014 10.9) ---------2位
34.「ノーベル賞を輩出する日本、輩出できない韓国」(2014 10.23) ---------1位
35.「異業種交流イベントで感じた日本の強み」(2014 11.6) ---------------19位
36.「技術流出はどうやって防ぐのかを改めて考える」(2014 11.20) --------15位
37.「エアバッグリコール問題に見る技術経営の重要性」(2014 12.11) --------16位
38.「ナッツリターンに見る韓国財閥の影」(2014 12.25)       --------10位
39.「エコカー世界戦争と生き残り戦略」(2015 1.8)       --------8位
40.「トップ外交を好む韓国、実務側から進める日本」(2015 1.22)  -------- -
41.「日韓電池産業への追い風となる中国政策」(2015 2.12)  -------------13位
42.「泥沼化する韓国財閥紛争がもたらす背景」(2015 2.26)  -------------5位
43.「社長・役員の辞任におけるホンダとサムスン」(2015 3.12)  ---------9位
44.「ノーベル賞の期待を背負うリチウムイオン電池」(2015 3.26)  -------11位
45.「電動化と自動運転で変わる自動車の勢力図」(2015 4.9)  ----------9位
46.「韓国の対人関係と日本の立ち位置」(2015 4.23) -----------------8位
47.「車載用電池を土俵とした日韓の熾烈な争い」(2015 5.21) ----------8位
48.「第3勢力参入で定置用電池業界の競争が激化」(2015 5.28) ---------8位
49.「中小企業が技を持つ日本、企業格差が止まらない韓国」(2015 6.11) -12位
50.「中小企業に意地がある日本、大企業が支配する韓国」(2015 6.25) ---13位
51.「出る杭は打たれる日本、出ないと潰される韓国」(2015 7.9) ---------3位
52.「電池の国際会議に見る日本と韓国の立ち位置」(2015 7.23) ----------6位
53.「東芝事件に見る経営側の圧力、ホンダとサムスンの事例」(2015 8.6) --6位
54.「壇蜜との会話で考えた仕事術と企業戦略」(2015 8.27) -------------11位
55.「日韓電池業界に立ちはだかる中国の価格攻勢」(2015 9.10)-----------13位
56.「韓国に先んじた日独連携の車載用電池認証サービス」(2015 9.24)-----12位
57.「VWが不正に至った3つの問題」(2015 10.8)-------------------------5位
58.「VWが受ける逆風、日本が受ける追い風」(2015 10.22)----------------4位
59.「VW、東芝の不正は企業の焦りがもたらした」(2015 11.12)------------11位
60.「タカタのリコールに思う発見時の対応の重大さ」(2015 11.26)---------15位
61.「2強の韓国電機業界に対抗できるか日本勢」(2015 12.10)-------------11位
62.「2016年、自動車の産業競争力を展望する」(2015 12.24)--------------18位
63.「動き出した中国での自動車、電池各社の投資攻防」(2016 1.7)----------9位
64.「日韓電池競合の激化に割って入る中国勢」(2016 1.21)---------------20位
65.「VWスキャンダル後の欧州電動化戦略の行方」(2016 2.12)-------------16位
66.「サムスン、LGの2強と対峙する日本の立ち位置」(2016 2.25)-----------9位
67.「シャープ身売りで混迷するパネル業界」(2016 3.10)-----------------11位
68.「シャープ問題で考える日本の産業競争力の保ち方」(2016 3.24)---------8位
69.「戦略は不変ではなく随時見直してこそ生きる」(2016 4.14)------------11位
70.「戦略の欠如で陥落した日本の民生用リチウム電池」(2016 4.28)---------9位
71.「虚偽の科学や技術はコンプライアンス欠如が原因」(2016 5.12)---------8位
72.「燃費不正事件を未然に防止する今後の抑止力」(2016 5.26)------------16位
73.「サムスン移籍で実感した人材流動の重要な意味」(2016 6.9)------------3位
74.「外資系で働けない人の5つの特徴」(2016 6.23)-----------------------5位
75.「協業の成功と失敗を分ける要素は何か?」(2016 7.14)----------------12位
76.「サムスンのBYD出資は中国市場成功への布石?」(2016 7.28)----------18位
77.「ソニー、日産の電池事業撤退の裏にあるもの」(2016 8.10)----------6位
78.「電動化、自動運転、安全機能で変わる業界勢力図」(2016 8.10)--------10位
79.「遅すぎたディスプレー産業のオールジャパン」(2016 9.8)--------17位
80.「なぜサムスンの最新スマホは爆発したのか?」(2016 9.21)------2日連続1位                                       81.「最新スマホが販売中止のサムスンに必要なこと」(2016 10.13)--------10位
82.「爆発などで大荒れの電池業界、勝敗の行方は?」(2016 10.27)---------7位
83.「トヨタがEVを投入せざるを得ない事情」(2016 11.10)--------------12位位
84.「選ばれるEVはどれか? テスラは生き残れるか?」」(2016 11.24)-----6位                                        85.「エコカー戦略における燃料電池車の位置づけは?」(2016 12.8)----- 12位
86.「政界、産業界が共に混乱する韓国」(2016 12.22)-------------------6位
87.「2017年、エコカー開発は正念場を迎える」(2017 1.12)-------------17位                                          88.「中国のエコカー政策に翻弄される日韓企業の悩み」(2017 1.26)------5位
89.「サムスンのスマホ事故を契機に揺れる電池業界」(2017 2.9)------7位
90.「国際会議で感じた欧州自動車勢の電動化への気迫」(2017 2.23)------15位
91.「サムスンに吹く大逆風はグループ再編の好機?」(2017 3.9)------16位                                                   92.「東芝、シャープなどから見る技術経営の重要性」(2017 3.23)-------6位                                        93.「中国エコカー市場で窮地に立たされる韓国企業」(2017 4.13)------3位
94.「中国政策に振り回される各社のエコカー戦略」(2017 5.11)------11位
95.「リチウムイオン電池も有機ELの二の舞か?」(2017 5.25)--------3位
96.「自動運転による自動車業界のパラダイムシフト」(2017 6.8)----- -
97.「韓国大手企業に見る日本市場の魅力と障壁」(2017 6.22)--------7位
98.「見通しが立たない東芝と絶好調サムスンの違い」(2017 7.13)-----7位
99.「電動化で先導してきた日本が自動運転で遅れ?」(2017 7.27)-----8位
100.「提携進む自動車業界、明暗見えてきた電池業界」(2017 8.10)-----6位
101.「ハイエンド偏重の日本、ローエンドも重視の韓国」(2017 8.24)---9位
102.「急加速のEVシフトに潜む5つの課題」(2017 9.14)--------------1位
103.「ノーベル賞の期待がかかるリチウムイオン電池」(2017 9.28)----3位
104.「相次ぐ法令遵守違反、未然に防ぐ3つの要件」(2017 10.12)---- 14位
105.「先行企業に神戸製鋼不正問題の防止策を学ぶ」(2017 10.26)---- 7位
106.「環境改善か下剋上か、EVシフトの先の業界勢力」(2017 11.9)----6位
107.「政治外交まで絡めた電池業界の混乱と思惑」(2017 11.24)------12位
108.「トヨタとパナの提携で加速する次世代電池開発」(2017 12.14)---4位
109.「EVシフト下の自動車と電池業界、新規組の思惑」(2017 12.28)--10位
110.「中韓首脳会談でもかなわぬ韓国電池業界の思い」(2018 1.11)--- 3位
111.「日韓で仕事観の違いはどこから生まれるのか」(2018 1.25)--- 7位
112.「窮地のテスラに立ちはだかる自動車トップ」(2018 2.8)------ 4位
113.「自動車の電動化における元素戦略と資源争奪戦」(2018 2.22)---- 7位
114.「合弁が難しい電池事業、韓国勢はフリーを選ぶ」(2018 3.8)---- 12位
115.「新社会人がキャリアを形成するために必要なこと」(2018 3.22)--- -
116.「テスラが抱える三重苦、経営危機に陥る?」(2018 4.12)--------6位
117.「テスラのEV事業、三重苦どころか五重苦に?」(2018 4.26)------3位
118.「テスラのEV苦戦で考える新規参入のリスク」(2018 5.10)--------4位
119.「R&D投資で韓国勢に見劣りする日本勢」(2018 5.24)-----------11位
120.「車載電池のグローバル市場揺さぶるCATL旋風」(2018 6.14)------3位





















ページトップへ